給食委託をしている介護施設のよくある疑問は?基本情報を紹介!

このサイトでは、介護施設で給食委託をしている事柄に関する疑問を解決していきます。
なぜ施設では外部に給食を任せるのでしょうか。
そのメリットについても触れていきます。
これから高齢化社会はますます進んでいくため、利用される方も比例して増加傾向となるでしょう。
食べる事が生きる事の基本であるため、入居時は毎日の食事の特徴をしっかりと把握しないといけません。
給食の種類や特徴からホームの選択肢を絞れます。

給食委託をしている介護施設のよくある疑問は?基本情報を紹介!

介護施設で給食委託を利用する理由は、品質な食事を入居者に提供できるからです。
なぜ施設内で作られないのかと疑問を抱かれる方も多いですが、以前は調理人を雇用して作っている時代もありました。
しかし、栄養価からメニューの献立を効率よく組み立てることができず、必然的に介護施設の料理は質素だと言われるようになったわけです。
現在では給食委託専門の会社が応じているため、見栄えも味も抜群に良い品を口にできるようになりました。

介護施設の給食委託のメリットとは

日本全国で2021年現在、約30万件もの介護施設が点在しています。
超高齢化社会となった現在では利用者数が大幅に高まっており、この数でも十分とは言えないほどです。
さらに介護職員の人材も少ないのが現状で、大半の介護施設では毎日の業務を効率よく進めるために工夫されています。
そのなかでも食事に関しては、施設内で作るよりも給食委託をする方が大きなメリットを得られるものです。
簡単に得られるメリットを見ていくと、調理員を別途雇用しなくてもいいというものが挙げられます。
そして管理栄養士も不要なので、少ないスタッフで利用者に食事の提供を実現させることが可能です。
介護施設といっても、デイケアセンターのようにスペースがさほど広くない事業所はキッチンなどを設けることが困難ですが、給食委託サービスを活用すれば問題はありません。
毎日決まった個数と栄養価の高いものが届くので、安心して提供できます。

介護施設の給食委託の費用について

介護施設では専属の栄養士さんがいて、日々料理を作っています。
栄養がよく、味わい深く、だれもが食べてみたいと思うような内容になっています。
介護施設の売りの1つに食事がありますから、ほとんどの施設で食事内容を競っていると言っても過言ではないようです。
まずはその費用になりますが、自治体によっては一部負担がありあますので、そのあたりは役所に尋ねてみてください。
多くは実費になっていますが、経済的な面を考えると、やはり行政の一部負担でだいぶ違ってきます。
施設にかけるお金でも食費は案外高いです。
そのため食費には仕方なしに思い負担を持つ方もいます。
いずれにせよ、施設側とよく話し合っていけば、軽減される場合がありますので調べておくことがいいです。
また外部にとっては食事のレシピを確認できるので、どのようなものを食べているかを確認できるようになっています。
食べる喜びは幸せを運んでくれますので、まずは内容を確認してください。

介護施設の給食委託の配送タイミングについて

介護施設の多くは、中に栄養士さんが常駐していて栄養面のある献立を提供しています。
場合によっては施設の方へ給食委託をしていることもあります。
そのときは前もって調べておく必要があるのです。
どちらにせよ味や栄養面に関しては遜色がなく、金額も大きな開きはないです。
この給食委託の配送は1日1回から2回となっています。
介護施設の方へまとめて配送して、施設の冷蔵庫に保管という形になっているのです。
おやつもくだんの通りであり、送るコストを考慮すると1日1回が通常になります。
いずれにせよ、施設側がどのように取り組んでいくかです。
給食委託をするのかしないのかは、施設側が決めることであり、入所者やその家族の考えたからも参考にしていったほうがいいのです。
そのためには人の意見に耳をよく傾けたほうがいいのでしょう。
意見を集約して今後進めるべきことへの参考になるといいかもしれません。

給食委託している介護施設の献立の決め方

給食というと、多くの方が小学校や中学で児童に提供をされているものを想像されるでしょう。
ところが2000年以降になると、高齢者向けのサービスに特化した事業社がたくさん誕生しました。
今では配食サービスという名称でも呼ばれており、個人から介護施設を対象にして営業範囲を拡大されるようになりました。
ここでは簡単に、給食委託をしている介護施設の献立の決め方を紹介していきます。
まず必ず献立は1週間分まとめて作成をされており、管理栄養士によって総カロリーと栄養価が計算をされるのがポイントです。
自立した生活を送れる方には総合食または一般食というものが提供をされており、通常の食事です。
要介護支援を必要とされている方、そして持病がある方に対しては病食となっています。
高齢者の場合、飲み込む力が弱くなるのでペースト状に加工をしているのもポイントです。
そして塩分や糖質をカットする場合もありますが、なるべく美味しいものを作る工夫もしています。

介護施設に関する情報サイト
給食委託をしている介護施設の基本情報

このサイトでは、介護施設で給食委託をしている事柄に関する疑問を解決していきます。なぜ施設では外部に給食を任せるのでしょうか。そのメリットについても触れていきます。これから高齢化社会はますます進んでいくため、利用される方も比例して増加傾向となるでしょう。食べる事が生きる事の基本であるため、入居時は毎日の食事の特徴をしっかりと把握しないといけません。給食の種類や特徴からホームの選択肢を絞れます。

Search